企業名が由来となった町に住むことは、住民の誇りである。

企業名が由来となった町に住む

  • 意外と多い、企業名由来の町名
    • 企業名が町名になるには
    • 今もこの地の象徴は 恵比寿(東京都)
    • 電気の街?東芝町(神奈川県)
    • カタカナ町名 パルプ町(北海道)、セメント町(山口県)、ハウステンボス町
    • 創業者の名前が町名になるケース 早川町(栃木県)、幸町(大阪府)
    • テレビ局がきっかけの町名 緑山(神奈川県)
    • 同じ名前 川崎町(岩手県、千葉県、岐阜県、愛知県、岡山県、香川県)
  • 乗客への案内と宣伝効果の「企業名=駅名」
    • 遊園地・球場などの大型施設が定番
    • 駅を作ったのも、三越なんです 三越前(東京)
    • 新交通システムなどに多いパターン
    • 駅名の後に「○○前」などの広告パターン
    • ネーミングライツ
    • 期間限定営業の駅名 ガーラ湯沢(新潟県)、鹿島サッカースタジアム(茨城県)
    • 上野動物園内で営業している路線

企業名が由来となった町に住む

企業名=町名とは、その町に、その企業が偉大な功績を上げたため、町にとって誇らしい企業名を町名として使用したと私は思います。当然、住民の皆さんもきっと、この企業のことを誇りに思うことでしょう。企業にとってもまた、それは誇りでありますが、企業はあくまでも、町の一員として、何か貢献できればという一念だった」に違いありません。恋愛で言うと、両想いというものに例えられるでしょう。町に住む人々が、町名となった企業に憧れ、出身地などを聞かれた場合は、必ずその企業名を出す傾向があります。

それは、人間が無意識に誇りを大切にしているからです。心の奥まで刻まれるものは、親や故郷であり、誇り高き由来のある町名も同じく、心の奥深い所に誇りとして守られています。小さいころから、祖父がよく語ってくれた、誇りのある町の歴史、文化に囲まれ、いつの間にか自らの心にも刻み込まれました。祖父は他界しましたが、必死に守っていた町、誇りとして自慢する町を残してくれました。住民と企業の繋がりは、大切にしなければならないものであり、また企業が住民と市の絆となります。この絆、誇りを我々が守り抜き、後世に繋げていくべきものだと思います。

企業名が由来となった町に住む

意外と多い、企業名由来の町名

実例を見て、名づけられた町名を分類してみます。

乗客への案内と宣伝効果の「企業名=駅名」

上がりは、もちろん日本経済の復活にも当たりますし、メリットはいっぱい。